FC2ブログ

紅白

少し前にお節料理が完成しました!

お雑煮の汁も作ったので、明日は安心して仕事に行けます。



今、伊達巻きを食べつつ紅白で「メガ幸子」見ています。


すげーね!
ちょっと目を離してまたテレビを観たら

幸子さんだと思ったその幸子さんの手の上に本物の幸子さん!


でも小林幸子さんは綺麗ですね。


私は森光子さんが長生きして欲しいと心から思います。





でも、こうやって昔の歌、昔から居る人の歌を聴くと、


親たちがその歌を聴いて喜んでいた時と同じ気持ちになっている事に気がつきました。



母と叔母と祖母が、私を蚊帳の外に

「あら!布施明が出てる!」

とテレビに夢中になっていてつまらなかった子供の頃だったのに、


母が私になったかのようにマイウエイを聴いてじーんとしていました。




母と紅白を見たのは15歳の年の病院の母の病室の中でした。


テレビを観ながら、母は私が生まれて始めて、

父親がどんな人で、どうして私が生まれる前に別れたのかを話し、


何て応えていいかわからずあまり解らない演歌を聴いていました。




その後、一緒に三が日を過ごして、4日に危篤になり他界をしました。




あっという間の話しで、実感が無いのと
15歳で教会に住み込んで学校と生活と維持するのに必死で悲しむ余裕はありませんでした。


今、母になって、この歳になって、
母の気持ちや母の存在の大切さを思って


今なら、たくさん親孝行ができるのにと
やっと、やっと偲んで思う事ができました。


だからなのか、
この歳で未だに親離れしていないような気がするし、


解らない事というか、親に教えられた確信のある事が少なくて、


やる事が半人前の事が多いような気がします。


本当に人生に迷った時に、後押しする人がいなくて、
ただ自力で頑張るしか安心できなくて、


たくましくはなったけど、
母の歳に追いつくというのにまだまだ未熟です。





生きるのにはなんとかなったけど、

心の支えには家族は大切だと本当に思いました。



今度は私が家族の為に長生きしなくては。






そして。

皆さんもです。



長生きしてください。







「お母さん、お疲れ様。」


と子供たちが穏やかに送り出せるくらい、





大切な人との間に思い残しを作ってはいけません。



誰にとっても後悔の無い人生に少しでも近くなるように。



来年も、私にも少しお手伝いをさせてください。





今年も、皆さん本当にお疲れ様でした。



来年も、大変かもしれませんが



笑い飛ばせるような一年でありますように。
スポンサーサイト



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード