FC2ブログ

お見舞い申し上げます

私のような訳の分からぬ職業の人間が、
このような状況でものを言うのは色々な受け止められ方をして真意が伝わりづらいので、
書くことをしばらく悩みました。

今回の震災は札幌の揺れでも恐怖を感じ、

怖がる鑑定中のお客様になんとか動揺を見せないように
誘導の段取りをしていました。

避難には至らずすぐ後にニュースを見て言葉にならず

皆しばらく無言のままでした。





数日たち、仲良しのお客様が店に来て、
被災地のお友達に心が伝わらないと落ち込んでいました。


確かに、無事だった私たちから出る言葉は今そこで戦っている皆様にすると
ただきれいごとでしかないのかもしれません。



確かに、24時間そこに居て助けてあげられたらどんなにいいか…




しかし、私もそのお客様も私の友人も

目に見える人みんな出来る限りをしています。これからももっと頑張ります。



現地で自分たちで車も物資も用意して助け合っている人もいます。


出せる限りのお金をみんな送っています。



娘の少年団の全国大会は中止になりました。
そこで使われなかったお金は満場一致で被災地に送られました。



保育士の友人から先輩先生が支援に旅立ったと連絡が来ました。
その先生なら、パワフルで明るい人だから子供たちを元気にしてくれるよと聞きました。



皆様が元気になるまで、私たちが日本を支えようねと、
頑張って働かなきゃねと皆で誓いました。



私たちの全てが皆様を守ろうと考えています。


私はその中の微力な一人です。
微力でも、そこに居る誰か一人でも笑顔が戻るようにと願って行動をしています。



皆様が笑う日が来ないと私も心から笑えません。

本当に、そんな気持ちです。





いつか「会えて良かったです」と言える日まで待っています。
スポンサーサイト



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード