fc2ブログ
 

ニイナ・ゲイトの俗世記録

ゆるキャラ登山




息子2はやっとこさ『年中さん』になりました。

小学生まで1年と半年を切る所まで成長しましたが、


最後の最後に帝王切開の子でしたから、




誕生日選び放題の状況で



息子1があまりにもパパから生まれたかのようにパパ似でしたから、


私の母の星に近い誕生日を選んだら



それを知っていたかのように私の家系の子に生まれて来ました。



お花畑の真ん中に居るような子です。



画像は、
一枚は思いつきで撮ってきたプリクラの一枚ですが、


もう一枚は


スーパーで息子1と2がケンカして



「お兄ちゃんのヴァガ!」



と捨て台詞を放ち店外に飛び出したので迎えに行くと



ちゃんと、

居場所がすぐわかるように


そして自分の心情もすぐわかるように


車の上にわざわざ登りやさぐれている様子です。





そんな息子が、
保育園恒例の


「年中さんになったら登山」


でした。



このようにすぐ心が折れる息子と



何故だか息子のクラスは


あまり頑張る子がいないというか


大人にどう思われていても興味無いというか



朝、息子を連れてクラスに行くと


上の二人の時なら



「○○ね!昨日ね公園で鉄棒できた!」

とか

「見て!こま上手いしょ!」


とか


大人を見たらワラワラ寄ってきたのに



わたし怖いんですか?



ってくらい無関心です。



たまに、

「2、新しい服買ってきたの?」

なんて不意に聞かれて


「じゅーばい(地元の生協)で買ったよ!」


って答えても



返事もそこそこ子供たちの世界に戻られてゆきます…



なので、先生たちは散歩の度に頭を抱えているのでしょう。



「登山、大丈夫かな…」



先生でさえそう独り言のようにつぶやきます。





実際、その少し前に地下鉄でクラスみんなで動物園に行きました。



地下鉄駅から少し徒歩。



「さぁっ!動物園についたよぉっ!」



先生がんばって盛り上げるも



「足痛くなって来ちゃった…」


「お弁当さきに食べよ~」



猿山目の前にしてもダルダルのゆるキャラたち



諭して諭して、少しその気になり



「みんな何を見るっ!?」





「…ふつーのどうぶつ~」





ふつー…





前回の動物園



彼らは爬虫類館から出て来なかったそうです。





そんな事態の次の週に登山です。





せめて、初めての登山。



かなり前から

「いよいよみんなもお兄さんお姉さんの仲間入りだよ!」

とモチベーションを上げ



だから、

がんばってのぼるぞー!


と意気込んではいました。






「…降りて、くるのかな…」






先生も親も、同じ意見です。





でも。登ってきましたよ~。



途中、先生がうっかり「どんぐり」と言ったが為に



「どんぐり→」


「←どんぐり」


「どんぐり↓」



と蛇行したり



やっぱり心が折れそうになったり



ハラハラドキドキだったみたいですが、



頂上の景色を見て



「はぁ~…ステキだねぇ~…」



とみんな感動したみたいです。



そしてまた、










こんな感じで下山





さぞ疲れたでしょ~…




と思いながら仕事から帰ってくると



午後10時にまだまだ元気な息子が待っていました。





彼ら余力を残すように生きているのか


実は妖精さん達なのか


不思議な世代です…。




スポンサーサイト