FC2ブログ

天職なのかは未だに微妙なお話しですが 2

2010.03.15 16:55|雑記
初対面の私にも普通に、昔から隣に居たかのように話しかける師匠が不思議でなりませんでした。




占い師さんだと知らなくて、でもいつもニコニコしていて、
愚痴やイライラが無い人で、


当時怒号や罵声が当たり前の世界にいた私は



「関わる人はみんな家族」



そんな感じの幼い頃の自分の記憶が蘇り、家族と居るように居心地のいい友達でした。



彼女が占い師と聞いた時には


私の中の占いはきっとプロでずっとやってきた彼女とは全く違うだろうと思ったので、


また変わらず、仕事では違う世界の友達として関わっていて、


わざわざ彼女の仕事に踏み込む事も、占いをお願いすることもありませんでした。





ある日、彼女が



「本っ当に初心者向けのタロット講座をやるから」と聞いて



それなら私でも大丈夫かなと顔を出して









なんか、その場でプロ入りが決まりました。







師匠はありがたくも全道あちこちを一緒に連れて歩いてくれて、


結局は、人をみるのがしっくりくる自分がいて




会社の役員で、マンションの最上階で暮らしていた生活を終わらせて、


家賃4万の家で、占いだけの生活が始まり



旦那さんに出会い、

「仕事が育てば伸びるもんなら無理に家庭に入らなくていいから」

と理解してくれて

旦那さんの家族にも応援されて、占い師みたくなった頃に、



師匠から、4プラのお話しが来たのです。



地方で、単発でやるなら皆さんワイワイと物珍しく、当たるわ面白いわと集まるものの


一つの場所でというのが自信がありませんでした。





約束は3ヶ月。



4プラさんも、師匠が来ないで無名の私が来ると聞いて動揺しました。



マイヤーさんは来ない?
困ったな。あの、せめて店頭に「マイヤーさんの店」と表記してください。



私もお客様を集める自信がありませんでしたから、当然従いまして



通り行くお客様からは「怪しい」と。

浜崎あゆみさんが流行っていた頃なので、あの口調で

「あやすぃ」と。



同じフロアの方ですら、「もっとまともな占い師は居ないのか」と。




お客様、1日一人。



4プラさんも心配して何度も声をかけてくださって。



でも師匠は売り上げの無さを一切気にしていません。



「ニイちゃんだもん、大丈夫だよ。」



キクチさんという4プラに居たお姉さんが、



「さっきお客様いたじゃない!人から人だよ。
実・力・出さなくちゃ!」


と励ましてくださって。



そう、人から人です。



11月に始まったこの店は、
年明けには行列ができて近所のお店にものすごく怒られるようになりました。



その兼ね合いや、経費の交渉なんかで値上げをして、細々やるスタイルにしたけれど、



店の前を通る方から



「当たるよ、ここ」



という言葉を毎日聞いて、ああ私まだちゃんとやれているなあと思いつつ今にいる訳です。









ね。


ニイナ・ゲイトは普通の人でしょ?



なんかのお告げとか、

急に開眼とか不思議な事はまずないでしょ?





「ニイナでもやれるんだから私でもやれるわ」


と思っているかたは、どんどんやればいいんです。





私よりも、人当たりも上手で、
私よりも、才能や特別なものがある人は必ずいるはず。





私に、特殊な何かを期待した人はごめんなさい、

私では役不足だと思うのです。




私は街の単なる占いさんで充分に、夢は叶えたのです。
関連記事
スポンサーサイト



06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ニイナ・ゲイト

Author:ニイナ・ゲイト
こんにちは!ニイナ・ゲイトです。

札幌市中央区にある4丁目プラザにて19年、7万件近くの女性皆さんを応援してきました。
北海道テレビ放送HTBの朝番組「イチモニ!」の占いを毎日書いています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード